メニュー

北九州市の妊婦健診手帳に掲載されています

妊婦検診手帳

日本で初めての子供 専門 運動・学習 教室として、S.パワー☆キッズプログラムをご紹介いただいています。

早期教育の重要性と効果について

子供たちの脳や認知能力は6歳くらいまでに飛躍的に発達します。
早期教育で集中力や やる気・運動能力を上げることによって、脳の発達を促し学習や運動神経の効果向上に結び付けていきます。

特に幼児期(3~4歳)は、脳の発達においてとても重要な時期です。
この時期の運動の経験が、脳の認知機能(ドーパミンの効果による集中力の向上)を高め、小学校以降の学習に大きな影響を与えます。

これから子供を育てるお父さん、お母さん。
是非、産まれてくるお子さんには、様々な運動をする機会を与えてあげて下さい。

発達障害の子供への効能

発達障害(グレーゾーン)の子供に対し、S.パワー☆キッズプログラムの取り組みにより症状が改善されております。

様々な運動を行い、脳内の神経伝達物質ドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリン等の活発化により、自制心や行動の抑制、集中力や注意力が向上し、やる気・意欲を促進します。

行政との連携
子供の運動と学習についての専門家 山崎憲治 子供の運動と学習についての専門家
山崎憲治(やまさきけんじ)

「日本が誇るビジネス大賞2017」

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ