メニュー

発達障害ADHDグレーゾーン 改善!! 

NEW

【勉強することに苦しむ子ども達】

私は1985年に北九州市若松区で小学生・中学生の学習塾を開設し運営していました。一斉指導の進学塾が主流の時代、今でこそ沢山増えていますが、その当時は珍しい個別指導の教室スタイルのものでした。ですから他の進学塾のスピードについていけない勉強の苦手な子ども達や大勢になじめない子ども達、一人ひとりに対応していましたので私の教室に来るほとんどの子ども達の成績は伸び、高校受験の合格率も高く生徒も順調に増えていきました。そんな中、小学生・中学生でいくら時間をかけて指導しても改善できない子ども達が毎年、数名いたのです。中には『詳しく教えてえ』『詳しく教えてえ』と目に涙をいっぱい溜めて何度も訴える子・・・今でも思い出します。

【勉強に相反するスポーツクラブ設立という無謀に見える逆転の発想】

『どんなに時間をかけても勉強に苦しむ子ども達』そんな子ども達を何とかしてあげたいと考え、様々な模索の中2002年にスポーツ・運動に着目しあるスポーツのライセンスを取得しました。翌2003年にスポーツクラブを設立し、当時は『学習塾がスポーツクラブを作って何やってんだ』。みたいな事も言われたり、生徒も減っていきました。それでも理解のある保護者の皆さんの協力もあり『スポーツ運動と学習の関係』について調査を始めました。

①塾で勉強だけする子ども達、
②スポーツクラブでスポーツだけする子ども達、
③勉強とスポーツの両方する子ども達。

この3つのグループを2年間にわたり学力テストを実施しました。そして、ずっと後に知ることとなるのですが同時期にアメリカハーバード大学でも運動と学習の関係について研究がスタートしていたのです。

【グングン伸びる子ども達】

上記の調査の結果最も学力テストの結果が高かったのは③の勉強とスポーツの両方する子ども達のグループでした。中には全国学力テストで一位の子やスポーツ大会で全国一位の子等の好結果も見受けられました。

【悲願成就の時がついに】

『子ども達を何とかしたい』あれから16年、アメリカ最新脳科学研究に合致した運動学習の『S.パワー☆キッズプログラム』を考案開発し、あの当時どうしてあげることもできなかった『勉強することに苦しむ子ども達』を今、学力向上に導くことができ、悲願を達成することができました。

※参照【わが子の大変身 たった一つの続けたこと】(そのカギは、運動の質と量だったのです。

【発達障害グレーゾーン】

あの毎年数名いた『勉強することに苦しむ子ども達』は、今思えば発達障害を抱えていた子ども達なのかもしれません。そして、これまでに発達障害の子ども達が『S.パワー☆キッズプログラム』に参加し全員改善していきました。

【確信を持って新たに募る】

今春新たに参加した子ども達も、すでに全員に効果が現れ改善されてきています。私のところに来た当初は、明らかに悩みで顔に疲れが見え、曇りがちだった表情の幼児を持つお母さん。今では『子育てがとってもラクになりました』と、とても明るい笑顔になりました。『子ども達が毎週プログラムを楽しみにしています』と喜んでもらえています。また、『ADHDで集中力が全くなく、個別指導の塾に行かせていたけれど可哀想なくらい勉強ができなくて』と悩んでいた他のお母さん。プログラムを受けるようになって『計算が速くなった』『テストで90点とれた』『集中して勉強するようになった』『凄く毎週楽しみにしている』等など、嬉しいご報告をいただきました。

【運動の持つ凄い効果】

学習のS.パワー☆キッズプログラムは、学力不振児やADHDの子ども達全員をこれまで改善してきました。これは奇跡や偶然ではありません。運動の持つ脳への様々な効果なのです。最後にその医科学的根拠として下記事実をお伝えします。

ノーベル生理学、医学賞の選定機関、スウエーデンのカロリンスカ研究所で、研究を重ね、2000以上の医学記事を発表した世界的研究者精神科医アンダース・ハンセン氏の著書の中の、ある調査でもの子ども達全員に効果が認められたと著されています。

#発達障害
#ADHD
#グレーゾーン
#勉強
#学習塾
#スポーツ
#運動
#学習
#塾


発達障害ADHDグレーゾーン 改善!! 1


掲載日:2019-06-12

専門家コラム
子供の運動と学習についての専門家 山崎憲治 子供の運動と学習についての専門家
山崎憲治(やまさきけんじ)

「日本が誇るビジネス大賞2017」

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ