【特許庁登録】 日本初!! 子ども専門 運動・学習教室

S.パワー☆キッズプログラムとは

S.パワー☆キッズプログラムって何?

『運動+学習』=運動能力・集中力・学力強化

運動が脳の学習回路を活性化させ理解力・判断力・記憶力等の認知機能を高める事はアメリカ最新科学脳研究においても認められています。

S.パワー☆キッズプログラムは、幼児~児童期の神経系が最も発達する時期に様々な運動トレーニングを行うことでバランスよく運動神経の発達を促進し、体力・集中力等を高めます
また運動直後の学習では計算力・読書力・思考力等を養成し自学自習力を定着させ学力強化を図ります

S.パワー☆キッズプログラムは子ども達の頭も体もそして心も元気にする、日本で初めての子ども専門運動・学習教室です。

運動と学習の一環指導の効果

運動と学習の一環指導の効果

学習だけでなく、運動も同じように【頭=脳】で
行います。

脳を鍛えることにより、運動も学習もできるようになります。 つまり、運動をした方が学習効果が上がるのです。

運動と学習の一環指導の効果

運動・スポーツは体力・耐力(心の力)の鍛錬はもちろんのこと、
理解するための脳力(脳の活性化)が向上し、やる気(意欲)・元気が出て積極的になります。
神経系等の運動をすることで結果として学力・体力を向上させ更に運動神経も高める効果が、
運動と学習の一環指導により見込めます。

ゴールデンエイジでの超高強度運動

ゴールデンエイジでの超高強度運動

3歳~9歳頃の子ども達は最も運動神経が伸びるプレゴールデンエイジと呼ばれる時期です。
この頃から、ひとつの種目にとらわれず、沢山の運動を経験することが大切です。
本プログラムは室内等の狭いスペースで行っており、室内でできるように考案しています。 超高強度運動なので、狭いスペースでも運動能力や学力が向上します。

運動による脳の学習回路の働きが活発になり、
集中力を高めます。

最新の研究では、運動が脳の機能に大きく影響することがわかってきました。
脳の中でも特に、記憶や空間学習能力にかかわる海馬、意欲や集中力にかかわる前頭前野という部分が、
運動によって大きく影響を受けます。
S.パワー☆キッズプログラムでは、脳の神経細胞の発達が著しい幼児~小学校期の間に、運動をすることによって鍛えられる脳の発達(集中力向上)を学習の効果向上に結び付けていきます。

運動と学習の一環指導の効果

お問い合わせ
教室一覧



「日本が誇るビジネス大賞2017」に選ばれました

無料体験実施中

予約

セミナー、教育コンサルのご依頼・予約

運動能力開発ボール

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ
S.パワー☆キッズプログラム
その他
SNS