メニュー

子供のやる気や集中力でお悩みではないですか?

運動をする子は、集中力・やる気が育ちやすいことが分かっています。
子供に適切な運動をさせることによって、集中力が育ち、それが学力の向上にも結び付きます。
結果的に、運動神経も学力も伸ばすことにつながるのです。

子供の運動神経や学力を伸ばしたいと お考えの保護者様

我が子の運動神経も伸ばしたいし、学力もつけさせたい。

運動・学習も伸ばしたい

でも、なかなか時間に余裕がなくて両立は難しいと思っている
お父さんやお母さんはいませんか?

子供の運動神経も学力も伸ばす方法

3歳~9歳の子供たち

お子様の運動能力・運動神経も学力も伸ばしたいとお考えの保護者様1

プレゴールデンエイジと呼ばれる年代で最も運動神経が伸びる時期です。
ほぼ80~90%近くまで完成されこの時期を逃すと後で遡って伸ばすことはできません。

ゴールデンエイジと呼ばれる小学校 高学年から中学・高校にかけて
競技力や技術の習得にかかる時間・練習量に大きな差となって現れてきますので
今のうちに気をつけてあげたいですね。

運動が不足している子ども達

お子様の運動能力・運動神経も学力も伸ばしたいとお考えの保護者様2

発育発達期の子供たちにとって運動が不足した場合、運動神経を伸ばせないだけでなく、
骨や筋肉の成長に影響を及ぼす場合もあります。
また学力に関係する脳の認知機能にも影響が出る場合もあります。

現代子達は、ゲームが普及し身体を動かす機会が昔に比べ減少し、 体力低下が社会問題までになってきています。
将来の骨粗しょう症、成人病予備軍やロコモティブ症候群(弱年性要介護者)等も危惧されています。

スポーツと運動の違い

お子様の運動能力・運動神経も学力も伸ばしたいとお考えの保護者様3

運動が苦手だから』と言う言葉を聞いた覚えのある方は多いと思います。
運動とスポーツ(競技種目)の相違が難しいからです。
体育の評価が最低だったとしても運動の効果は得られます。

スポーツは他者と競いあう事を目的に楽しむ余暇活動ですが、
運動は発育発達期の子供にとって絶対必要な生命活動なのです。

運動の効果

お子様の運動能力・運動神経も学力も伸ばしたいとお考えの保護者様4

運動神経を伸ばすだけでなく、しっかりとした骨や筋肉等の身体つくり
病気になりにくい身体や体力つくり、そして脳の認知機能も向上させます。

運動の学習への効果

お子様の運動能力・運動神経も学力も伸ばしたいとお考えの保護者様5

学習において重要な認知機能である『記憶・理解・判断・思考』並びに、
やる気・意欲・集中力』に影響する脳の前頭前野の働きは、
運動で効果が高まる事はアメリカ最新科学脳研究において認められています。

S.パワー☆キッズプログラムとは

特徴その1

運動と学習の一環指導でやる気(意欲)や集中力がアップ。
元気が出て積極的になります。

特徴その2

体と頭を鍛えて、知覚・情緒・社会性の発達を促進します。

特徴その3

神経系の最も発達する、幼児・小学校の子供たちを対象にトレーニングします。

保護者の方へ
無料体験実施中!
子供の運動と学習についての専門家 山崎憲治 子供の運動と学習についての専門家
山崎憲治(やまさきけんじ)

「日本が誇るビジネス大賞2017」

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ