運動・学習 塾(教室)S.パワー☆キッズプログラムより「お子さんの時期における効用」についてご紹介。脳の神経細胞の発達が著しい幼児~小学校期の間に、運動をすることによって鍛えられる脳の発達(集中力向上)を学習の効果向上に結び付けていきます。

【特許庁登録】 日本初!! 子ども専門 運動・学習教室

お子さんの時期における効用~年少・年中・年長~

お子さんの時期における効用

年少さんまでの効果
(年少児 3~4歳)

お子さんの時期における効用 年少
運動機能が急速に発達し様々な動きを身に付けやすくなってきます。
多種多様な運動刺激を加え神経回路を複雑に張り巡らせていくことが重要で バランス系や身体活用系、ボール等の用具を使った
運動あそびを行うことで心身の機能発達を促進
できます。

特にボール運動あそび空間認知能力の発達にも効果的です。

※空間認知能力は位置、方向、感覚、速さ等把握する能力の為、
算数や国語などの教科学習に大きく影響を及ぼします


年中さんまでの効果
(年中児 4~5歳)

お子さんの時期における効用 年中
年少期より引き続き運動機能が発達し更に多様な動きを
身に付けやすく上達しやすく
なっています。
まねること等の模倣あそびに興味を示し楽しみながら自然と
様々な動きを身につけていく時期
です。
この時期に縄跳びやボール運動あそび、体全体を使うあそび等が有効です。

特にバランス能力が発達し、身体のコントロールや用具類の操作等を取り入れた運動あそびにルールや決まり等を導入することで仲間達との関わりを通じ社会性を育みます。
早期の取り組みにより就学後や将来に亘り礎となる有能感や自己肯定感等が養われます。 


年長・小学生の子に期待できる効果

早期幼児教育の重要性

お子さんの時期における効用 年長ユニセフでは就学前教育(早期幼児教育)に重点を置いているそうです。
理由は早期幼児教育に投資する方が将来的に社会的還元が大きいからなのです。
早期幼児教育の重要性についてノーベル賞受賞者の
アメリカシカゴ大学ヘックマン博士も提唱しています。

その早期幼児教育とは決して読み書き計算だけを教えるものではないそうです。
あそびを取り入れ、子どもたちの興味を刺激し、知覚、情緒、社会性の発達に配慮したプログラムとのことです。
子ども達の脳や認知能力は6歳くらいまでに飛躍的に発達します。
その時期を逃さず、好奇心を満たす刺激や知識、対応力を授けてあげると、就学後も学習が順調に進み、
その後の人生においても身につけた力を応用し、大きく伸びていくことができると著されています。
 

(参考ユニセフスペシャルレポート)


お子さんの時期における効用

お子様の運動神経も学力も伸ばしたい保護者様へ

S.パワー☆キッズプログラムと他のスクールとの違いなど丁寧にご説明をいたします。
安心してご入会を頂けるよう体験会も設けておりますので、是非、一度お問い合わせの上、
プログラムを体験していただき、ご検討ください。




「日本が誇るビジネス大賞2017」に選ばれました

無料体験実施中

予約

セミナー、教育コンサルのご依頼・予約

運動能力開発ボール

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ
S.パワー☆キッズプログラム
その他
SNS