運動・学習 塾(教室)S.パワー☆キッズプログラムより「お子さんの効用」についてご紹介。脳の神経細胞の発達が著しい幼児~小学校期の間に、運動をすることによって鍛えられる脳の発達(集中力向上)を学習の効果向上に結び付けていきます。

【特許庁登録】 日本初!! 子ども専門 運動・学習教室

お子さんの時期における効用~発達障害・集合教育~

お子さんの時期における効用

発達障害のお子さんに期待できる効果

お子さんの時期における効用 発達障害
発達障害のある子ども達全てではありませんが、空間認知能力の
発達が劣っている
と言われています。
これまで注意欠陥多動性障害ADHD・学習障害LDの子ども達に対してのプログラムの取り組みによりそれらの症状が改善されております。
理由は独自開発の運動能力開発ボールによるボールエクササイズが空間認知能力の養成に効果的考えられます。


集合教育での活用方法

子どもの運動神経も学力も伸ばしたいと
お考えの教育関係者様へ

お子さんの時期における効用 集合教育一見相反するように思える運動と学習ですが、両者には密接な関係があり、特に幼児~小学校期の神経系が発達する時期に適切な運動をすることで、運動神経はもちろん、脳の認知機能も高まり、 学習効果も上がることがアメリカ最新科学脳研究においても認められています。


運動が不足している子ども達

お子さんの時期における効用 運動が不足している子ども達
発育発達期の子ども達にとって運動が不足した場合、運動神経を伸ばせないだけでなく、骨や筋肉の成長に影響を及ぼす場合もあります。また学力に関係する脳の認知機能にも影響が出る場合もあります。
現代の子達は、ゲームが普及し身体を動かす機会が昔に比べ減少し、体力低下が社会問題までになってきています。
将来の骨粗しょう症、成人病予備軍やロコモティブ症候群(弱年性要介護者)等も危惧されています。


スポーツと運動の違い 

お子さんの時期における効用 スポーツと運動の違い
『運動が苦手だから』と言う言葉をよく聞きますが運動とスポーツ(競技種目)は違います。体育の評価が最低だったとしても運動の効果は得られます。
スポーツは他者と競いあう事を目的に楽しむ余暇活動ですが、運動は発育発達期の子どもにとって絶対必要な生命活動なのです。


運動の効果 

お子さんの時期における効用 運動の効果
運動神経を伸ばすだけでなく、病気になりにくい、しっかりとした骨や筋肉等の身体をつくり、学習を持続させるための体力を育み、更に脳の認知機能も向上させます。


運動の学習への効果 

お子さんの時期における効用 運動の効果
学習において重要な認知機能である『記憶・理解・判断・思考』
並びに、やる気・意欲・集中力に影響する脳の前頭前野の働きは、運動によって発達します。ただし重要なのは運動の質や量です。


お子さんの時期における効用

お子様の運動神経も学力も伸ばしたい保護者様へ

S.パワー☆キッズプログラムと他のスクールとの違いなど丁寧にご説明をいたします。
安心してご入会を頂けるよう体験会も設けておりますので、是非、一度お問い合わせの上、
プログラムを体験していただき、ご検討ください。




「日本が誇るビジネス大賞2017」に選ばれました

無料体験実施中

予約

セミナー、教育コンサルのご依頼・予約

運動能力開発ボール

専門家紹介サイトマイベストプロで掲載中

toto助成を受けています

ページトップ
S.パワー☆キッズプログラム
その他
SNS